クロニクル

音楽とカメラが好きなサブカル大学生がだらだらと...

カメラ好きの大学生が巡った京都の桜の名所5選。

 

今日は音楽から離れて、僕のもう一つの趣味であるカメラについて。

大学2年生の冬にカメラを買ってまだ3,4ヶ月くらいしか経っていないのですが

カメラを始めて良かったなと感じることがあります。

数ある趣味の中でも写真は、大学生にとって馴染みやすい趣味じゃないかな。

 

写真を始めてから、日常の何気ない風景も気に止めるようになりました。

また、外へ行く機会を増やしてくれました。

それもまたカメラを始めようと思った理由の一つです。

せっかく京都に住んであるのだから、もっと京都を知りたいと思ったし

寺社仏閣とか京都らしいところに行くのだったら、カメラで写真におさめようかなと。

スマホで撮ってもいいんですが、せっかくならと思い一眼レフを買いました。

 

そんな写真ビギナーの大学生の僕がおすすめする

この春巡った京都の桜の名所5選を紹介したいと思います。

 

初心者なので自信ないですが、僕の撮った写真も貼っていきます。

 

1.醍醐寺

f:id:ncnc1212:20170423193634j:plain

平安時代から「花の醍醐」と言われるように、醍醐寺は桜の花で有名です。

世界文化遺産の境内を背景に枝垂れ桜、染井吉野、山桜、八重桜など数多くの桜が順番に咲き誇ります。

豊臣秀吉が行った歴史上有名な花見といえば、「醍醐の花見」。

醍醐寺と関係の深かった秀吉が、ここで花見をしたいと言い出したことから醍醐寺を復刻。

近隣諸国から700本もの桜を移植したそうです。

大河ドラマ真田丸」でも、醍醐の花見のシーンが登場していました。

 

f:id:ncnc1212:20170423193421j:plain

2.南禅寺

f:id:ncnc1212:20170423193555j:plain

南禅寺は紅葉の名所として有名ですが、桜の名所としても知られています。

「絶景かな、絶景かな」

歌舞伎の石川五右衛門の有名なセリフなのですが、これは五右衛門が南禅寺の三門の上から桜を眺めた時のものだそうです。

ちなみに行った時は知らなかったので、三門の楼上に上がりませんでした。

もっと調べておけば良かったなあ...。

 

もう一つ有名なのが南禅寺水路閣

明治23(1890)年に作られたアーチ橋。

琵琶湖の湖水を京都市内に引く琵琶湖疏水を通すためのもの。

寺の中に近代建築の構造物があるというのはなんとも斬新。

f:id:ncnc1212:20170423195423j:plain

日曜日に行ったら人が多すぎてあまり撮れなかったので、行くとしたら朝とか平日のがいいのかな? 

本当は真ん中に立ってポーズとか決めたかった...。

3.蹴上インクライン

f:id:ncnc1212:20170423194211j:plain

京都市左京区にあった琵琶湖疏水による舟運ルートの一区間をなす傾斜鉄道(インクライン)。

1891(明治24年)から1948(昭和23年)まで実用に供された。

現在は国の史跡として整備され、桜並木の観光スポットになっている。

引用  蹴上インクライン - Wikipedia

 

全長582mの世界最長の傾斜鉄道跡の桜並木が美しかったですね。

南禅寺付近にあるのでぜひインクライン南禅寺の両方に行ってほしいです。

 

4.平安神宮

f:id:ncnc1212:20170423193643j:plain

平安遷都1100年祭(1895年・明治28)に市民の総社として鎮座。桓武、孝明両天皇を祀る。平安京大内裏の正庁を模した応天門、大極殿など朱塗りの建築が美しい。神苑(名勝)は約3万平方メートルの池泉回遊式庭園で、東、中、西、南の4苑にわかれ、それぞれの四季の花が見事。

引用京都観光Navi:平安神宮

 

平安神宮は京都でも人気の桜スポット。

特にライトアップイベントである、紅しだれコンサートは有名です。

神苑貴賓館をステージとして音楽が演奏され、

ライトアップされた神苑を散策しながら音楽に耳をかたむけるコンサートです。

 


平安神宮 紅しだれコンサート 2017

 

 5.二条城

徳川幕府における京都の拠点となった二条城は、徳川家康が慶長8年(1603年)に京の宿館として建設した平城。家康と豊臣秀頼との会見場所となったほか、幕末の慶応3年(1867年)には15代将軍慶喜がここで大政奉還を行った。 

引用  世界遺産(世界文化遺産) 二条城/京都府ホームページ

 

f:id:ncnc1212:20170423193657j:plain

 

二条城は外国人観光客の間でも人気の桜スポットです。

ライトアップの時には長蛇の列ができていました。

さらに夜にはプロジェクションマッピングが行われており、

唐門前と香雲亭でそれぞれ違うストーリーが描かれています。

 


京都・二条城「桜まつり」プロジェクションマッピング内覧会「唐門」

 


京都・二条城「桜まつり」プロジェクションマッピング内覧会「香雲亭」

 

 

 

まとめ

この春は京都らしさが感じられるところにたくさん行くことができました。

特に日本の四季も感じられて、改めて日本っていいところだなと思いました。

 

もう少し早く紹介できればよかったな...。

桜は散ってしまって今年はもうこのような風景は見られないので。

 

本当はもっと行きたいところがあったんです。

東寺とか伏見稲荷とか、京都御苑とか。

来年はもっと色々な場所を巡りたいですね。

それまでにカメラの腕前があがっているかな...。

 

日本の四季をこの京都でじっくり感じられるのはおそらく学生時代だけだと思うので

残り少ない学生時代、色々な景色をおさめたいですね。